• 末田千鶴
  • たね*to-wa ”種から紡がれる様々なストーリー”

伝える * デザイン

特にコンセプトや伝えたいメッセージがあったわけではないのです。
あの頃は。
思えば私の物作りは、「バック作りが楽しい!」と自己表現から始まりました。
バッグ作りを通じて、自分から生まれるデザインを表現したかった20代。
(自分で自分の作品の説明はできなかったという・・・)
それでも、布選びやデザインを気に入って下さり、自分の持っている引き出しの中から
コラボだったり、一緒に物を作り上げていく仕事の楽しさも知ることができました。

物作りをしてきた10年間。
そして、食や農、体のことを探求してきた10年間。
それらを経て、見てきたこと。感じてきたことを伝える場所ができたらという思いが、ようやく
形になり、arila!のマガジンタイトルでもあるtane * to waというお店をオープンしました。

「自然と繋がる」をキーワードに、今までのご縁の中で出会ったいいもの、日々の暮らしが
ちょっと豊かになるモノ・コトを集めたお店で、自然に触れたり、感じたりすることで、
「心とからだを癒し、養う」ことのお手伝いをすること。
それと同時に、当たり前にあるように思える、自然の恵みの有難さや大切さを感じるきっかけや
入口になるような場所をつくりたい。
「豊かな暮らしを子どもたちに繋ぐため、循環する暮らしづくりを一緒に考える仲間を
増やしたい」というのが、今の私のミッション。
20代の頃には無かった、メッセージ。

「好みも受けとり方も、人それぞれ」

だけど、できるだけ多くの人に、普段は見過ごしてしまうようなモノ・コトの奥にある
こだわりだったり、想いを知って欲しい。
それは、いつかの私が八百屋さんの話を聞いて「こんなことまで考えてくれている
お店があるんだ」と知り、体感した何ともいえない幸福感と安心感。
とても満たされた感覚。

ミッション実現の第一歩は、伝えること。そして受けとる人に伝わること。
デザインには、意識の隔たりを超えて、「素敵」「楽しい」から伝わる可能性を広げてくれる
力があるのでは?と思っています。
私自身がたくさんのデザインにワクワクしてきたから。
私の尊敬する人が言っていました。
「ワクワクは最強」

モノのデザインだけでなく、コトだってそう。
日々の暮らしの中にある様々なデザイン。
楽しく伝える・伝わるツールとして生かしていきたい。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

末田千鶴
末田千鶴
台所(食)から循環する暮らしをデザインする【 tane*to wa 】主宰。

日々の雑貨・小物デザイン&製作。
腸キッチン学アドバイザー。

自身や子どものアトピーやアレルギーをきっかけに、食のこと・体のこと
に関心を持ち、東洋医学や腸キッチン学を学ぶ。
「人が豊かに暮らすには?」を探求する中で、「土」や「日々の暮らし」の大切さに気づく。

キーワードは『台所』と『五感』
日々の暮らしでできることをモットーに、コツコツと
”自身の心と体。そして土を育む暮らし” の種を蒔きます。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA