BtoBとかBtoCよりも、PtoPであるべき理由

マインドフルカフェ®︎のプログラム、企業向けニーズが高まっていることを、arila!コミュニティにシェアしたところ、

仲間の一人あんゆみ(安藤裕美)さんからこんな素敵なレスをいただきました。
https://riceball.network/arila/category/arikata/magazine/akinai/yumi8372/

「在り方が、個人のみならず企業に導入される時代。 すごいですね!

私個人で、バッチフラワーレメディという植物から作られるエッセンスを用いて、セルフケアとして自分と向き合う講座をしているのですが、

マインドケアが必須であろう時代に、個人の枠を出られる可能性を見せていただけました。」

そっか、マインドフルカフェ®︎は、設計当初から、BtoBとかBtoCとかあんまり考えてなかったな。

だって、とにかく届けたいのは、自分らしい「在り方」と仕事がつながっておらず、悩んでいる人であって、その人が、組織に所属していようと、個人事業をやっていようと、どうでもよかったから。

つまり、Person to Personしか眼中になかったので(おっと、PtoPという用語は、「Peer to Peer型」というネットワークの方式として流通してるのですね、失礼しましたー)。

ビジネスモデルとしてのBtoBかBtoCかというのは、依然としてとても大事な考え方だと思います。

が、BtoBの企業組織の方がかなり大きく変わってきているという肌感も、一方であります。

組織における一人ひとりの意味合いが大きくなってきている。いや、大きく位置付けて、輝いてもらわないと、組織が目指す創造性なんてもたらされないわけです。

そう、PtoPというのは、ビジネスモデルではなく、マインドセットの話。個としての私が、個としてのあなたに何を届けたいかを軸に、ビジネスにかかわっていくということですね。

とすれば、冒頭のあんゆみさんが気づいたような可能性の扉は、ひらくのじゃなかろうか!!!

 

投稿者プロフィール

AKI
AKI
マインドフルカフェ®︎ ナビゲーター
一人ひとりの想いや持ち味が、縦横無尽に重なり合うことで、組織のとんがった未来が生まれる “創発”がライフワーク。日本と米国の大手企業にて人事マネジメントの仕事を経て、2006年より対話型組織・人財開発コンサルタントへ。現在はフリーランスとして企業、自治体や地域コミュニティなどの創発支援を続けている。2013年末に自然とアートに恵まれた里山・藤野へ移住。著書『組織の未来をひらく創発ワークショップ』(経団連)等。とんがりチーム®︎研究所主宰。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA