• HOME
  • CONTENTS
  • ひびのわ
  • あなたの台所に特化した、あなたが望むごはんづくりにカスタマイズした料理クラスがスタート。

あなたの台所に特化した、あなたが望むごはんづくりにカスタマイズした料理クラスがスタート。

ずっとやりたかったこと。
そのスタートを一歩踏み出しました。

それはあなたに特化してカスタマイズしていくクラス。
その名も…『食べるの始末』。

このクラスは、

・料理はしたいけれど何だかうまくいかない
・台所がいつも片付かなくて料理する気になれない
・自分の作るご飯が好きになりたい(今はあまり美味しく思えない)
・料理はしたいけれど何からはじめたらいいのかわからない
・毎日料理しているけれど料理が上手にならない(と思いこんでいる)

そんな方に向けてのマンツーマン料理クラスです。
わかりやすく言ってしまえば、料理の家庭教師ですね。

生徒として様々な料理教室に参加するようになって10年以上。
私自身が料理を伝える側になって約7年。
ずーっと考えてきたことがありました。

料理教室で教わったレシピって、その後ご自宅の食卓にどれくらい登場しますか?
これはあくまでも個人的観察と推測なのですが…。
家に帰って改めて作ってみる、これ自体が50%以下なんじゃないでしょうか。

その理由は色々想像できます。
うちには○○がないから、買ってきたらやろうと思って(買うの忘れちゃうんだよね)。
うちで作っても同じ味にならないんだよね(美味しくできなかったからもう作らない)。
あの日あの場所で食べたことだけで満足(料理教室はレストラン)。

そんなふうに感じたあなたのこと、責めてませんよ!
そりゃそうだよね、って私も思うから。

いい意味で、料理教室はイベントみたいなもの。
(全てではありません。それは承知の上で。)
憧れの先生や素敵な空間で、ワイワイみんなで料理して、素敵に盛り付けて、楽しく食べる、ちょっぴり非日常の台所時間です。
しつこいですが、これはいい意味で、ですよ?
料理教室は学校だから、先生は基本的に一人。
そして生徒さんは少なくとも二人以上、今の御時世オンラインなら何十人にもなります。
生徒さんごとに教え方を変えるなんて、できません。
もちろん生徒さんが毎日どんな台所で料理しているかなんて、知る由もありません。

コロナ渦になって、オンラインでもレシピのない料理クラスをはじめて、とてもいいことがありました。

ひとつは生徒さんの台所を垣間見ることができるということ。
どんな場所でどんな調理道具や調味料を使って、普段料理をしているかを知ることができたこと。
そしてもうひとつは、その日一緒に作ったものを皆さんが自分のレシピとして身につけてくださったこと。
オンラインの料理クラスは、私達が作るのをみながら一緒に作って頂くというスタイルでやっていました。
事前にお送りしている共通の食材は野菜だけ。
調理器具も調味料も皆さんのおうちにあるもので、最初から最後まで自分で作るから、出来上がった料理はご自身だけのレシピになるんです。
だからまたすぐに作れるし、次はこうやってみようってアレンジもできちゃう。

用意されたものではなく、あるものをつかって作る。
私が長年スローガンのように唱え続けてきた、「アルモンデナンデモデキルサ」の強さを改めて感じていました。

ならば、私はこれからそれをやろうと思ったんです。
あなたの台所に特化した、あなたが望む毎日のごはんづくりにカスタマイズした料理クラス。
オンラインやSNSを利用しながら、2ヶ月間しっかりあなたの台所時間をサポートします。

『食べるの始末』 ←詳細やお申込みはこちらをクリック

数名の知り合いにモニターとして体験してもらったのですが、変化していくのをみるのが楽しくて楽しくて。
人それぞれ変化のペースや大きさは違いますが、明らかに心地よい方へと向かっていくんです。
勉強もすぐに理解する子もいれば、ゆっくり納得していく子もいますよね。
(実は私、大学4年間家庭教師のバイトをしていました。)
一度そうか!と思えば、後はコツを掴んで自分でどんどん身につけていくものです。

わたしはそのきっかけづくりと、身につけるまでのサポートを全力でやっていきたい。

なぜって。
食べることは私自身をつくること。
食べるを作るのは私とすべてを繋ぐこと。
小さな体の不調も大きな環境問題も、良い方向へ変化していくには毎日の食べるがとても大切だからです。
このクラスが誰かの身体も心も変わるきっかけになれたら。
私自身が皆さんと出会うことで関わることで変わっていくことも、とても楽しみです。

食べるの始末。
食べるを真ん中に、最初から最後まで。
一緒に変えていきませんか?

 

 

投稿者プロフィール

大塚佑子
大塚佑子
あなたのおうちご飯のアシスタント、「ひびのわ」を主宰。
レシピのない料理会を定期的に開催中です。(オンラインもリアルも)
「アルモンデナンデモデキルサ」を唱えながら、その日その時、目の前の素材を美味しく食べきる料理をお伝えしています。
調味料の選び方や組み合わせ方、野菜メインのご飯、お家で作れる発酵食品などのお話が得意です。
私にもあなたにも地球にも心地よい暮らしを「台所」から、一緒につくっていくお仕事を只今模索中。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA