• AGRI
  • 土と種、健やかな農ライフを発信する人々のマガジンです

種を蒔き、種を採る。ハタサロ10月

畑で考え学ぶサロン、「ハタサロ」。
今年の4月からスタートして、早いもので半年が過ぎました。

始めの半年の畑では、
サニーレタスやミニトマト、ナス、モロヘイヤ、ピーマンなどなど
春~夏の野菜の栽培を存分に楽しみました。

採りたてぴかぴかのお野菜たち

オクラやモロヘイヤ、ミニトマトは、
種取りのために残してあるものも。

コレ、なんの種かわかりますか?

細長く尖がっている..

正解はモロヘイヤです!
このなかに種が詰まってます。また来年もよろしくね。

いつも食べている野菜も、みんな始めは種だった。
そんなの当たり前の事だけど、結構忘れがち。

スーパーに並ぶ野菜を手に取って、
種だった姿が思い浮かぶのはいくつあるだろう。

種の姿って意外と見たことないもの。

こちら、レタス(左)とザーサイ(右)の種を採る前!

こんなに繊細な姿なんだね。
ここから芽が出て土や水に育まれ作物になる。
なんていとおしいんだろう~

そうそう、種や実になる前は、まず花が咲く。

オクラの花。かわいい~

収穫した作物は、その場でサラダにしたりしていただきます。

残りはみんなで分け合ってお持ち帰り。

メンバーがつくって来てくれる日もあります。マリコさんのピクルスは絶品♡

間引いた人参の葉もベビーリーフとして。

その名も、「畑の糧めし」。

蒔く。育てる。食べる。種を採る。
こうした一連のサイクルに触れられる。
ハタサロで得られる素晴らしい経験です。

これは実は当たり前の事ではなくて、
ハタサロでは固定種や在来種を扱っているからこそ。

芽が出ないものもあるけれど、
「完璧ではない」ことは植物も人も一緒なんだなって。

そうしたら、また蒔いてみる。待ってみる。
種や土と向き合っていると、なんだか心に余裕が持てる気がします。

そしてハタサロでは、
不耕起、無肥料、無農薬のフィールドでこれらの体験ができるのです。

不耕起、無肥料、無農薬

いつも、とってもほのぼのとしています

最近は秋~冬に向けた種蒔きをしましたよ。
カブやほうれん草、小松菜などなど!

9月からはメンバー各々が好きな作物をチョイスして育てていく
「My soil」がスタートしました。

私の「My soil」

ガーランドで飾ったりも♡

愛着が増し増し!

月に一度のハタサロの日は、
前回の様子からどう変化しているか、とても楽しみなのです。

さて畑で考え学ぶサロン、ハタサロ。
次回11月13日(土)はオープンデー!見学ができます。

どうぞお気軽に、遊びに来てくださいね。

フィールドワークもあれば、座学もやります!

 

投稿者プロフィール

澤井はる佳
澤井はる佳
米粉のお菓子屋さん&魔女見習い。八王子市で13代続く農家「澤井農場」の娘。農場と国産のお米を使って焼菓子を作っています。地球と食と農を繋ぐことをしたい。2020年より、自己表現の場としてブランド「ひとつぼし」をスタート。魔女とは、森羅万象を愛し、癒すひと。人生をつかって魔女修行して遊んでいます。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA