自分の世界観を設定して、その中で生き、表現してゆくこと。

こんにちは。

ハタサロ1期生、将来は魔女になりたい。

澤井はる佳です。

太陽星座が魚座、月星座は牡牛座。
性格は、内向的。
HSPの気質もあるようです。

運動嫌いのインドア派。
小学校の先生からは「全然外で遊ばない子」と言われていたそうな。
ちょっと不思議ちゃんで、ひとりの時間がなにより大切で、小さな時から創造することが好きでした。

 

これまでの私

東京都八王子市にあり12代続く農家の家に生まれました。
東京とは思えない田園の広がる地域で、お米作りをメインに、野菜作りや畜産もやっている家族経営の農家です。

水と電気以外は自給自足できるような豊かな我が家が大好きで、誇りで、私はこの家のためになることがしたい!と思いました。

高校を卒業後、当時流行っていた農民カフェ・農家カフェに憧れて、カフェの専門学校へ。

飲食店で働きながら、最初は母が始めた加工品作りを引き継ぎ、農場のお米の米粉を使って焼き菓子を作るように。それがだんだんと、メインの仕事になっていきました。

我が家のことを知ってもらいたい、という思いから、農場のお米、野菜、お肉を使ったお料理で参加者とひとつのテーブルを囲む月一の食事会イベント「Flesh table.」を開催したりと、出来ることを頑張っていました。

イベントは刺激的で楽しく、毎回一生懸命だったのですが、なんだか違和感を感じるように。
いいんだけど、いまひとつ心がハマらない。

広い空と田んぼに囲まれて、土地の恵みをみんなで分かち合う。
この気持ちよさや充実感。
いったい、この違和感の正体はなんなんだろう。

ただ我が家を知ってもらって、商品を買ってもらう目的だけではなくて
もっと伝えたいことや、提供したい事がある気がする。

…上手く言葉にできないけど。

もやっとしたままコロナ禍に入り、そのままイベントはお休みになりました。

さて、お仕事から離れて、再び自身の話をします。

一時期、いろんな占いツールを使って自分のことを見るのが楽しくてハマっていました。
なるべくしてなっている今の自分が、とても面白く、好きになっていく。
かつ、降参していきました。

持って生まれた私の素質を知り、内側を探っていく。
それまでふわっとしていた、「私」「私らしさ」を見つけ、再確認する作業でした。

そしてその中で、私は「魔女」に出会いました。

 

これからの私

私を知っていくうちに、もっと私らしいことがしたい。新しいことをしたい。と思うようになりました。

その時、目の前にあったのは「米粉のお菓子を作っている」ということ。
これまでずっと澤井農場としてお菓子を作ってきましたが、その枠を外してみようと。

そうして2020年11月、私の自己表現の場所として、新しいお菓子ブランド「ひとつぼし」がスタートしました。

キーワードは、そう「魔女」です。
ひとつぼしは魔女のお菓子屋さん。

私の中の魔女の世界を、お菓子を使って表現しています。

私にとって、自分で世界観や設定を作ってその中で生き、その世界を現実に表現することは、とても安心できて、わくわくする事でした。

空想的な世界のように思われるかもしれませんが、魔女は現代にも繋がっていき、
巡り巡って、ハタサロについても繋がっていくわけです。

私はいま、魔女の修行中。
まずはこれが、いまの私の生き方。

ちょっと待ってその前に、魔女って???
何言ってんだろうというかんじですね。
魔女についての詳しいお話も、また別の回で。

これからarila!の中で、魔女と私と世界について、書いていきたいと思います。

投稿者プロフィール

澤井はる佳
澤井はる佳
米粉のお菓子屋さん&魔女見習い。八王子市で13代続く農家「澤井農場」の娘。農場と国産のお米を使って焼菓子を作っています。地球と食と農を繋ぐことをしたい。2020年より、自己表現の場としてブランド「ひとつぼし」をスタート。魔女とは、森羅万象を愛し、癒すひと。人生をつかって魔女修行して遊んでいます。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA