第5話 『癌との出会い』

このマガジンでは
今や生きる軸になっている
私と養生の出会い

そして
養生を軸に
私自身の在り方が
ひかられていくようすを

今を軸足をおきつつ
過去を振り返りながら綴っています

第5話は
精神科通いを続けながら予備校へ
そして癌が発覚した頃の話

 

5 『癌との出会い』

精神科通いを続けながら予備校へ
不思議だけれど
自分と向き合う時間が増え
心地よく過ごせる日が多くなっていた

そんなある日の診察
最近胃がもたれると
先生に伝えると
六君子湯という漢方薬を出してくれた

2週間ほど服用するが
まだお腹が変な感じ

そこで
検査をすすめられ
近くにできた消化器科へ行き検査をする

さっそく胃カメラを飲むと
「んんん!?」

夜20時以降の
食事はしないようにと
言われ早めに終えたはずなのに

ほぼ消化されておらず
そのまま胃に残っていた

そして
「んんん~~~!?」
「ちょっとチクっとしますよ」
念のため細胞をとって調べるそうだ

数日後、
結果が出て呼ばれる
「進行性胃癌の可能性があります」

癌!?
現実を飲み込めないまま
病院を出て帰路へと向かう

駐車場で空を見上げると
どこまでも青く広がり
夏の太陽が燦々と降り注いでいた

(次回へ続く)

 

投稿者プロフィール

こぶな ちふみ
こぶな ちふみ
20代で病を得て心の在り方が体に影響及ぼすことに氣づく。様々な養生法を学び実践するなか、震災を機に農業の道へ。外房での農園運営やカフェ立上げを経て栃木県那珂川町に移住、夫と共に「こぶな農園」をひらく。現在、野菜・風土・養生をテーマに農産物をいかしたメニューの開発や監修、メディアへのレシピ提供を行っています。月刊クーヨンにて2021年4月号より野菜と養生をテーマに連載がはじまりました。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA