江戸時代の身体で行う施術 アーユルヴェーダセラピストへの道

Polaarisのアビアンガ(アーユルヴェーダのオイルマッサージ)はとてもシンプルな施術です。

 

 

シンプルな施術で、オイルをしっかりすり込み、お身体が気持ちよさの中で緩むようにしていけるために、施術者は日々の身体使いから変えていきます。

肋骨の柔軟さ
背骨の屈曲や回旋
上腕や手先の使い方

もっと言えば、
身体の深部にある普段意識していない沢山の筋肉や関節が、身体を開発していくことにより動かせるように目指していきます。
(わたしはまだまだですが)

そして、施術者は翌日身体が疲れたり、身体を壊したりしなくなります。

身体の動きを深めていくことに終わりはなく
お休みもなく
瞬間瞬間
自分の身体と向き合い
少しの変化がとてもうれしく

シンプルな施術だからこそ
身体を深めていくことで、すり込む手のひらに伝わる波動運動が増えて行く

施術も深まっていく

施術の時だけなんてできないことなので
日々の身体使いを全部変えていくのです

深い身体使いを会得している指導者と出会い、体操法をお伝えするようにもなり
益々、暮らしと仕事の境目がなくなっていっています

セラピスト養成講座のトレーニングでも
お皿洗いや雑巾掛けのやり方など、日々の生活が体操法になるようにお伝えしています。

自分も元気になることができるセラピストはとっても良いお仕事だなぁと思うのです。

わたしは、この「誰でもできる」という施術が大好きです。

人の身体の可能性の大きさは、現代の私たちが思うほど特別な人にだけあるものではなく、

江戸時代の日本人が
籠を人力で担いでいたように
手紙を走って届けたように

巷の誰彼がスーパーマン

だから、どこか身体の悪いところを探して自分のことを弱く見積もるよりも、

可能性にわくわくしてスーパーマンを目指していくことが
現在地が同じだとしても楽しいのです。

投稿者プロフィール

さえぐささちよ
さえぐささちよ
アーユルヴェーダトリートメント&コミュニティのサロンAyurvedic House Polaarisです。吉祥寺・高尾にて「アーユルヴェーダ薬草オイルケア」の施術を行なっています。

⚫︎アーユルヴェーダ薬草オイルケア、カウンセリング、セラピスト養成講座、パンチャカルマツアー、ワークショップ
⚫︎眠っている体幹部を柔らかく使いこなし、自ら元気を作り出すメソッド「立腰体操」
⚫︎運命学「魂の遺伝子コード」

3つの柱で、みなさまの生命の輝きをサポートいたします。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA