映画「都市を耕す - Edible City」上映会+トーク

映画「都市を耕す – Edible City」上映会+トーク


 都市でのエディブル・エデュケーションのヒントが満載の話題の映画「都市を耕す- Edible City」上映会が神奈川県内の二つのコミュニティで開催されますのでご紹介いたします。文章は逗子上映会の主催団体「パーマカルチャー母ちゃん」よりお寄せいただきました、ありがとうございます。
 他、地域で「都市を耕す- Edible City」上映会を企画していらっしゃる方もどうぞ、情報をお待ちしております!(※世田谷の情報を追加致しました / さらに末尾にツアースケジュールのリンク追加致しました。)

映画「都市を耕す – Edible City」上映会+トーク

藤野 : 5月 3日(火) 13:30〜 / 16:30〜
世田谷 : 5月14日(土) 12:30〜
逗子 : 5月27日(金) 10:00〜  5月28日(土) 14:00〜 / 17:00〜

 「安心・安全な食べ物が安く手に入らないなら、空き地で、作っちゃえばいいんじゃない?」
と、アメリカ西海岸のベイエリアで、安全で新鮮な食べ物を手に入れることが困難になってきた都市部に住む一部の人たちが、ほんの思いつきで始めたこと。経済格差が広がる中、それが共感を呼び、いま、世界に大きなうねりを生んでいます。

 栽培から食卓まで、全体をいのちの学びと位置づける食育のために「食べられる校庭」を作ろうというムーブメント “Edible Schoolyard(エディブル・スクールヤード)” は今や全米中に広がりつつあります。オバマ大統領夫人は、ホワイトハウスの庭まで畑にしたというのも、有名な話。英国では “Incredible Edible(インクレディブル・エディブル)” という名前で、町中の空き地という空き地に食べ物を植えるムーブメントが大きなうねりを作っています。

「食が重要視されないなら 市民がその重要性を訴えるだけ」
「(社会の中で)問題は山積みだけど 食なら人々の力で変えられる」
(映画 「都市を耕す エディブル・シティー」より)

 一人一人の小さな活動も、束になればコミュニティを動かす力となり、社会に楽しい変化をもたらす。「都市を耕す – Edible City」は、そんな草の根ムーブメントの過程を実感できるドキュメンタリー映画です。

 日本でも、子どもの貧困、孤食などが少しずつ社会問題として滲み出ています。アメリカで広がりを見せている都市農園、コミュニティーガーデン、エディブル・エデュケーション(栽培から食卓まで全体をいのちの教育として位置づける食育)は、都会生活に食と農のつながりを取り戻す可能性を感じさせてくれます。

 上映会には、そんな食のムーブメントの本拠地、バークレーで生活し、町の変化を直に見て、肌で感じ、本作の字幕翻訳も務めた鈴木栄里さんを特別ゲストにお呼びしました。ここでしか聞けない西海岸の最新事情ミニトーク付きの上映会、ぜひ足をお運びください。

(文章は、「都市を耕す-Edible City」 in 逗子 主催者「パーマカルチャー母ちゃん」より。)

ediblecity

「都市を耕す – Edible City」 (2014年/米国/56分/英語・日本語字幕)
原題:Edible City
監督:アンドリュー・ハッセ
制作:イーストベイピクチャーズ
【公式サイト】【日本語版配給】

<トークゲスト・鈴木栄里さんについて>
 もと「鯨類の音響、行動研究者」、もと「生物講師+異才児のためのサマーキャンプの先生」。サティシュ・クマールの言葉「Soil, Soul, Society~土と心と社会」と出会い衝撃を受け、それらを軸とした社会の実現を目指し活動を始める。京都で社会起業家支援団体Impact Hub Kyotoの立ち上げに関わった後、現在は米国はカリフォルニア州バークレーを拠点に活動。ミツバチが花から花へ飛びながら花粉を集めて振りまくように、新しい社会モデルやアイデア、それを実践しているコミュニティーを発掘し、インスピレーションの花粉を運ぶことで、これまでになかった新しい種を生んでくことをミッションとして活動中。Edible Schoolyard Project & Japan リエゾン, Edible Media 代表, Tokyo Urban Permacultureアドバイザースタッフ

今回いずれの開催地も、参加費は上映参加費+αとなります、
+αは鈴木栄里さんによる「ペイ・フォワード=恩送り」の実験となります、ご協力をお願いいたします。以下、鈴木さんより。

α= エディブルシティ「ビジョン共有ファンド」への協力のお願い
——————————————
上映会参加者の皆様へ
私はこの映画が、自分たちの食べ物の素性を振り返ったり、食との関係について対話を始めるきっかけになって欲しいと願っています。今後いろいろな地域で Edible City コミュニティーを広めていく方法として、上映会を体験した皆様に、次の上映機会創出のための「ビジョン共有ファンド」への支援をお願いしています。一人一人ができる形で、宿泊や食事、交通費のサポート、自主上映会の開催、支援金などをギフトしてください。ミツバチがハチミツを集めて動くように、皆様からの愛のハチミツが次のコミュニティに映画を届ける力になります。
【この実験に関してのより詳しい思いはコチラから】

都市を耕す「エディブル・シティ」上映会 in 藤野

日時:5月3日(火)
13:30〜15:30 (上映1h+エディブルスクールヤードのお話)
16:30〜18:30 (上映1h+エディブルシティのお話)

場所:くらして
相模原市緑区日連68-1(大和家2階)

その他、参加費・申し込み方法等詳細情報は以下、ご覧ください。
◎藤野での上映会、イベント公式FBページ:facebook

都市を耕す「エディブル・シティ」上映会 in 世田谷

日時:5月14日(土) 12:30〜
場所:KYODO HOUSE

その他、参加費・申し込み方法等詳細情報は以下、ご覧ください。
◎世田谷での上映会、イベント公式FBページ:facebook

都市を耕す「エディブル・シティ」上映会 in 逗子

日時:5月27日(金) 10:00〜
場所:シネマアミーゴ

日時:5月28日(土) 14:00〜/17:00〜
場所:久木会館

※逗子市では、各回、先着30人。ご友人ご家族お誘い合わせの上、ご都合のいい時間帯にご参加ください。

その他、参加費・申し込み方法等詳細情報は以下、ご覧ください。
◎逗子での上映会、イベント公式FBページ:facebook

【追加】「都市を耕す-EDIBLE CITY」上映会 ツアースケジュール

Please follow and like us: